コスカシバ

画像
梅の木の幹を丁寧に見回っていると、なんだか粉をふいたようなところがあります。剪定ばさみで堀り返してみると、
画像
ざっくりと大きな穴があいてしまいました。これは、「コスカシバ」という虫の幼虫の仕業で、樹皮のした、養分や水分を送る形成層を食い荒らしますので、油断してると、大きな枝を元から枯らされてしまいます。この時期、農園に約800本ある梅の木を、枯枝をとりながら、一本一本丁寧に見回っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック