テーマ:梅仕事

お久しぶりです

気がつけば、もう5月ですね。本当に1年って早いものです。 このブログも昨年の発送が終わってからほったらかし・・・ 梅のこの時期だけのブログになってしまっていますが、 今年の畑の様子も少しづつお伝えさせていただきます。 4月27日、5月を目前にして、畑中、緑濃く、梅の木も雑草も青々として活き活きしてるみたいです。 今年は、雨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅 4回目の農薬散布

梅の実もずいぶんふっくらしてきました。今年は着果の少ないせいもあってか、実の肥大は順調なようです。 5月19日、最終の梅の農薬散布を行いました。  薬剤名 スコア顆粒水和剤 希釈倍数3000倍 対象病害 黒星病、すす病 農薬には、薬剤ごとに収穫何日前まで使用できるかという収穫前日数というのが、規定されています。 梅の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅 3回目の病害虫防除

4月28日 梅の3回目の薬剤散布を行いました。     ストロビードライフロアブル 2000倍  黒星病、すす病   マイコシールド        1500倍  カイヨウ病   カイヨウ病は、気温が上がってくると、感染の心配がなくなるので、 カイヨウ病のための農薬は今回で終わりです。 黒星、すす病も5月中旬頃に4回目最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅が少ない

南高梅も葉を開き、新葉の美しい時期になりました。が、あれ?この枝には実がひとつもついていません。 普通なら、こんな風に鈴なりになっていてこの時期、葉よりも実の方が目立つはずなんですが、 今年は実のついてない枝がずいぶんとあります。 近所の農家に会っても、「梅なっとるか~」「全然ないわ~」がお決まりの挨拶で、例年の半分く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅の開花

今年は、例年より20日近く遅れて、3月3日頃にようやく花の見ごろを迎えました。待ちに待った花の盛りと思いきや、5日から6日にかけての大雨で、はや散りはじめています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の梅干し

毎日毎日、梅の天日干し作業が続いております。こちらは、干しあがった選別前の梅干しです。一粒一粒丁寧にA品、B品、C品、規格外品、切れ品とより分けていきます。今年は梅の実の生育後期に雨天続きで例年になくすす病が多発し、もちろんA品の割合も近年になく低いわけですが、このすす病以上に農家を困らせているのが、こちらです。 写真では分かりづらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天日干し

漬け込みから約1ヶ月、しっかりと漬け込んだ重石をはずして見ます。梅酢にビニール(プチプチシート)をかけているのは梅酢と空気の接触を遮断することでカビの発生を抑えるためです。カビ(酵母菌)は、重石が軽すぎたりして梅が梅酢の上に浮き出ていたりしない限りは、全く問題ないのですが、カビをとる作業が面倒なので、こうしてカビを防いでいます。 今年…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

青梅収穫大詰め

2日前の夜中、台風並みの強風と大雨、収穫を前に梅の実もたくさん落ちてしまいました。 この時期、私を含めて5人体制で梅の収穫選果にあたっています。その中の一人、Mさんは以前勤めていた会社の先輩で今は兵庫県の姫路で実家の農業をしておられますが、この時期、少し手が空くということでわざわざ姫路から手伝いに来て下さっています。大ベテランのおばあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

収穫開始

今朝も雨が降っていました。雨の日の青梅の収穫は、出来るだけ避けたいところでしたが、これ以上収穫を延ばせば収穫適期内に予定数量を収穫できないおそれがあるので、意を決して今日より本格的な収穫を開始いたしました。雨に濡れた梅の実は少しの衝撃にもとても傷みやすくなります。そのことが分かっているので収穫した梅の実の取扱いには細心の注意を払い、慎重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨中草刈り

福田農園では、除草剤を使用しません。梅畑では、秋にヘアリーベッチというマメ科の草を蒔きます。春には畑一面を覆い、他の草を抑制します。そうして収穫前に、ヘアリーベッチを刈らずに上から収穫用ネットをかぶせます。収穫中に自然に枯れて梅が落下した時の衝撃を和らげてくれる有難い草で、園地の大部分でこの時期草刈もしません。。しかしながら、日当たりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

助っ人登場

収穫準備のネット張り作業を続けています。今週からこの時期、毎年手伝いに来てもらっているHさんに来てもらっています。普段は山仕事をしておられるので、体力もあり、どんな仕事も器用にこなしてくれます。本当に頼りになる有難い助っ人です。今月中に、いっきにネット張りを終わらせてしまいたいところです。 ネットとネットの合わせ目の部分、竹串で仮止め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

収穫用ネット

今日より収穫用のネットを畑に張り始めました。梅が完熟して自然に落ちてくるのを待ち、拾い集めて梅干に漬け込みます。南高梅の青取りが始まるまでに、何とか今月中に畑中にネットをしきたいところです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅 防除4回目

今日は、4回目の梅の病気防除を行いました。今回が最後の防除です。ストロビードライフロアブル(黒星病、すす病)、2000倍に希釈しての散布です。朝5時、スピードスプレーヤー(通称SS)での防除は風のない早朝がベストです。畑の比較的傾斜の緩やかなところのみこの機械を利用しています。あと、スプリングクーラーを使うところ、動墳で手散布するところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無肥料無農薬栽培4

1反ほどの面積で試験的に行っている無肥料無農薬栽培、明日から天気が荒れるということで、3回目の「玄米酢」と納豆、ヨーグルト、イースト菌、砂糖、水が原料の乳酸菌や酵母菌など善玉菌たっぷりの自家製「えひめAI」の散布を行いました。玄米酢600倍、えひめAI300倍の希釈液です。昨年のこの時期には、すでに多くの実がカイヨウ病にやられていたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅 施肥

引き続き、梅の枯枝取りや虫退治とミカンの芽欠きをしていますが、今日は、明日、雨ということもあり、梅に肥料をあげました。福田農園では、肥効の長い(ゆっくり長く効く)肥料を利用して減肥料栽培を行っています。通常、梅の成木園では、10a当たり窒素成分で20キロ程度必要とされていますが、福田農園では半分程度の8~10キロ程度におさえています。収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅 3回目の防除

昨日21日、3回目の梅の防除を行いました。 スコアー水和剤(黒星病)3000倍とマイコシールド(カイヨウ病)1500倍です。 前回の防除から、ちょうど2週間目、もう少し引っ張りたいところですが、不安定な天気が続きそうなのと、このところの低温でカイヨウ病が心配なので早めの対応です。次回は天候にもよりますが、3週間後の5月10日過ぎを予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無農薬無肥料栽培

昨年から農薬と肥料をまったく使わない梅の栽培にも、少し挑戦しています。 きっかけは、昨年の2月、徳島で、りんごの無肥料無農薬栽培をなしとげた木村秋則さんの講演を聞いたことでした。8年間もの間、全くりんごを収穫できないという苦闘の末に、ついに「奇跡のリンゴ」をなしとげた木村さんの話は、同じ果樹農家として衝撃的で、その気迫に圧倒されました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスカシバ

梅の木の幹を丁寧に見回っていると、なんだか粉をふいたようなところがあります。剪定ばさみで堀り返してみると、 ざっくりと大きな穴があいてしまいました。これは、「コスカシバ」という虫の幼虫の仕業で、樹皮のした、養分や水分を送る形成層を食い荒らしますので、油断してると、大きな枝を元から枯らされてしまいます。この時期、農園に約800本ある梅の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キーゼライト

梅やミカンに肥料をやっています。キーゼライトという天然の苦土(マグネシウム)肥料です。苦土というのは葉緑素の基になります。葉緑素をしっかり作り出して、光合成を活発にしたり、リン酸やミネラルの吸収を促進して、木を丈夫にしてくれることを期待して1反に15キロ入りを3袋ほどやっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅 2回目防除

7日に、2回目の梅の防除を行いました。イオウフロアブル1000倍(黒星病)、マイコシールド1500倍(カイヨウ病)、モスピラン4000倍(アブラムシ)の3種の薬剤混合です。それにしても、今年は梅の生育が遅れています。近年は、温暖化暖冬の影響もあってか、年々梅の生育が早くなっていただけに、昨年より2週間、平年と比べると1週間程度という梅の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅の病害虫防除(1回目)

梅の病害虫防除始まりました。今日は1回目、カイヨウ病という病気の予防のため、ICボルドーという薬を50倍で散布します。写真は、スプリングクーラーを使って、薬液を散布しているところ。他にも、手散布するところや、スピードスプレーヤという乗用の機械を使うところ、と園地によって3通りの方法を使い分けています。昨年より10日ほど遅れの防除開始、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘアリーベッチ

この1週間で草もずいぶん青々としてきました。この青々と茂っている草は、ヘアリーベッチというマメ科の草で、昨年九月に、種をまいたものです。福田農園の省力、減肥料栽培には欠かせない草で、6月の収穫時期には自然に枯れてくれるので草刈労力を減らせますし、空気中の窒素を根っこに蓄えて、土を肥やしてくれるという有難い草です。梅畑には一面この草を蒔い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷たい雨

今日も一日冷たい雨でした。昨日、今日の雨で早かった花は散りかけてきました。明日からはまた寒くなるという事で、梅の交配が心配なところです。先週は、暖かい日が多く、ミツバチ達も良く飛んでいたので、うまく受粉していればいいのですが。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小梅の枝挿し

昨日は、かなり冷たい雨だったのですが、今日の日中は暖かで、南高梅の花もずいぶん開花が進みました。とはいっても今年は木によって開花時期にかなり差があるように思います。上の写真のように成木では、大方6~7分咲きですが、若い木では、ようやく花が開きかけたところです。 上の写真は、小梅の木です。南高梅の剪定は、昨年12月中に終わらせている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more